世田谷区,用賀,歯医者,ぬかが歯科,治療について

世田谷区,用賀,歯医者,ぬかが歯科,皆様の誤解

歯周治療の重要性

歯周組織(歯根、歯ぐき、骨)とは、建物に例えると、基礎となる柱や土台の部分に当たるものです。
地盤が悪い所や、基礎工事をが丈夫でないと、どんなに見た目が立派な建物も、倒れたり壊れたりして長持ちしません。
歯も歯周組織という土台に支えられています。
その土台が丈夫でないと、どんなに高価でキレイなかぶせ物や、義歯、インプラントをしても、長くはもちません。
私たちは、その一番大事な歯周組織から診断する目をも持ち、治療を行います。

かみ合わせの重要性

建物が地震で壊れるように、歯の場合も咬み合わせが悪いと、
歯に大きな力がかかり(人間の咬む力は約60Kgあると言われています)自分自身の咬む力によって、歯や骨が壊れる原因になり、場合によっては、かぶせ物やインプラントも壊れてしまいます。
かみ合わせを調整することは、健全な歯周組織を保ち、
歯を長持ちさせるのにとても重要なことです。

本当に正しい歯磨き方法

また、歯の病気(虫歯、歯周病)の大元の原因は、プラークと呼ばれる細菌の繁殖によって起こります。
一般的に歯の病気の原因と思われている食ベカスは、原因の10%にしかなりません。
食ベカスは、食後に3分程度の歯磨きで清掃できますが、3分では細菌は無くなりません。
このことが、皆様の゛歯磨きしているのに、どんどん歯が悪くなる″というお悩みの根本の原因です。

この残ってしまった細菌が、虫歯や歯周病の原因や、かぶせ物が取れたりする原因となります。
これを予防するには、食ベカスを取る歯磨きではなく、除菌をするような歯磨き方法が必要です。
除菌をするといっても、特別な道具や薬などは必要ありません。
普通の歯ブラシだけで少し注意していただけたら簡単にできることなのです。

この少しの注意が皆様の歯を守るのに大事で、
これさえ出来れば、虫歯や歯周病にならないといっても過言ではなく、
どんなに高額な治療を受けるより価値のあることだと思います。
私達は、皆さんの各々のお口の状態や、
生活習慣に適した歯ブラシ方法を御指導致します。