世田谷区,用賀,歯医者,ぬかが歯科,院長ご挨拶

〝もし自分が患者さんの立場だったら・・・″

そんな想いを常に持っています。
私もかつては皆様と同じ、歯医者さんが苦手な一人の患者さんでした。

痛い
怖い
くさい
何をされたか分からない
歯磨きをしなさいと怒られる
治したはずが、いつの間にかまた虫歯が出来ている


歯医者さんは苦手な場所でした。

こんな経験をずっと繰り返してきた自分自身が歯科医師になって考えたのは
まず、
どうしたら歯医者にかからなくてすむのか
それでもどうしても歯医者に行かないといけないないなら
どうしたら長持ちする治療ができるのか
どうしたら納得してもらえる説明ができるのか
どうしたら不快な気持なく、通院してもらえるか

ということでした。

〝自分が患者さんだった時の嫌な経験をさせたくない″
そんな想いを持って治療の修行や、予防の研究、病院のシステム作りに取り組んできました。

この度、ゆかりの地、地元世田谷で開業をさせて頂くことになり〝もし自分が患者さんの立場だったら・・・″という観点から治療を考える、皆様に信頼される歯科医院を目指して行きたいと思います。

世田谷区,用賀,歯医者,ぬかが歯科,院長略歴

院長:額賀 潤(ぬかが じゅん)
歯学博士
日本歯周病学会所属
日本歯周病学会 専門医
平成5年 昭和大学歯学部入学
平成11年 昭和大学歯学部卒業
昭和大学歯科病院 歯周病学教室 入局
昭和大学 大学院 入学
平成15年 昭和大学 大学院 卒業 歯学博士
歯周病学教室 員外助手就任
平成18年日本歯周病学会 専門医取得
現在昭和大学歯科病院 歯周病学教室 研究生
昭和大学歯科病院の歯周病学教室に7年間在籍し、臨床・研究・学生教育に従事。
大学院時代は、骨の破壊と再生のメカニズムをテーマに研究し、学会発表や論文投稿を行ってきた。
歯周病専門医、博士号取得後退局。
専門分野外の補綴・インプラント、審美の習得及び、一般開業における歯周治療の在り方を模索する為一般開業医に3年間勤務し、現在に至る。
学会発表
第22回日本炎症・再生学会
演題名:歯周組織由来ストローマ細胞におけるRANKL/ODFとOPG/OCIF発現の制御
第45回日本歯周病学会
演題名:Il-1βとPGE2はヒト歯根膜細胞におけるRANKLの発現を促進する。
掲載論文
Journal of Periodontology.;75(2) 2004 年2月 :P249-259
American Academy of Periodontology(アメリカ歯周病学会)
論文名:Regulatory effects of interleukin-1beta and prostaglandin E2 on expression of receptr activator of nuclear factor-kappaB ligand in human periodontal ligament cells.
日本歯周病学会会誌, 45 : 120, 2003.
論文名:IL-1βとPGE2はヒト歯根膜細胞におけるRANKLの発現を促進する
受講した主なセミナー
補綴: JIADS 補綴コース 6ヶ月コース
中村健太郎 補綴臨床 セミナー
寺西邦彦 補綴セミナー
ぺリオ: JIADSぺリオコース 6ヶ月コース
目白歯周病研究会 ベーシックコース
目白歯周病研究会 アドバンスコース
矯正: TOMY主催 AD研修会 Dr百瀬 MTM  コース
全顎矯正 コース
MI: Dr猪越 接着セミナー シロクス
Dr吉田格 MIセミナー
予防: Dr景山セミナー

田園都市ドットコム インタビュー

田園都市ドットコム 街の頼れるドクターたちで取材を受けました。

歯の健康を守るため、ベースである歯周組織に着目

―大学時代から、歯周病を研究テーマにされていたそうですね。

はい。大学時代は、「骨の破壊と再生のメカニズム」というテーマで研究していました。歯を支えている骨が溶けていく歯周病という病気のメカニズムを探ることを目的としていました。歯を支える骨がなぜ溶けていくかということに関しては、実は現在でもまだ原因がハッキリしていません。それを解明し治療に役立てるという、非常に重要な研究ですが、そのメカニズムについて、すべて解明されているわけではありません。ですから現在も研究は続けられている分野で、私自身も日々新たな知識や研究成果を知るために、学会の勉強会などには積極的に参加しています。

―歯周病という病気について、改めて教えてください。

「歯」が溶ける虫歯と、歯をささえている「骨」が溶ける歯周病、歯科において主な病気はこの2つです。虫歯であれば痛みが出るので認識しやすいのですが、歯周病は痛みがありません。成人の方の場合、歯が抜ける原因の大半は歯周病です。ところが歯周病というと、みなさん「なんとなく歯ぐきが悪くなる」というイメージしか持っていないようですね。歯周病は慢性炎症性疾患なのですが、初期~中期はあまり痛みが出ないので、糖尿病等と同じで知らないうちに進行してしまいます。重度にまで進行して、骨がほとんどなくなってくると歯がグラグラし始めて、ようやく何かおかしいなと気づくわけです。虫歯で歯科医院に来られて検査をしてみたら歯周病が進んでいたというケースが、実はとても多いんですよ。正しい予防法を実践していない限り、リスクは誰にでもあり、かなり高い確率で発症するのが「歯周病」なのです。


―診療全般において歯周治療を重要視しているということですが。

歯根、歯ぐき、骨などの歯周組織は、建物にたとえると、基礎となる柱や土台の部分にあたるもの。地盤が悪いところや基礎工事が充分でないと、どんなに見た目が立派な建物でも倒れたり、壊れたりして、長持ちしません。歯も歯周組織という土台に支えられています。その土台が健康で丈夫でなければ、どんなに高価で立派な被せものや、義歯、インプラントをしても長くもちません。当院では、その一番大事な歯周組織から診断し、治療を行っています。

繰り返す虫歯治療から抜け出すために

―歯周病・虫歯の予防のためにこちらではどのようなことを行っているのですか?

歯周病も虫歯も病気です。一番大事なのは、その病気のメカニズムを正しく理解していただくこと。どうして虫歯になるのか、そこの説明を省いてしまうと、また再発して、削って、神経を抜いて、差し歯や入れ歯になって、あげく総入れ歯になって・・・・・・と、どんどん悪くなる状況のなか治療を繰り返すことになってしまいます。僕が歯科医師という仕事を通してやりたいことは、この繰り返し治療をくい止めること。そのため、当院では、まずは痛みなどを訴えている箇所の緊急処置をして、その後で虫歯、歯周病という病気のメカニズムをわかりやすく解説し、再発を繰り返さない為のお話をさせていただいています。決して難しい話ではありません。たとえばインフルエンザだとインフルエンザウィルスが原因ですから、感染しないために人ごみを避けましょう、というくらい極めてシンプルな話です。しかし現状では虫歯や歯周病の原因がプラークと呼ばれる細菌だということ自体、一般には浸透していません。それは、今までの歯科治療が、その説明を患者さんに対してきちんとしてこなかったせいでもあるんですが。

―虫歯や歯周病に関しては、まだまだ誤解があるということでしょうか。

虫歯予防にブラッシングが効果的だということは知られていても、いまだに食べかすを取ることがブラッシングの目的だと誤解している方は大勢いらっしゃいます。食べかす=歯垢(プラーク)であると勘違いしているのです。歯垢というのは菌の固まりのこと。歯垢は食べかすのことではないですし、食べかすは虫歯の原因にはなりません。重要なのは「菌を落とすブラッシング」。1分でも磨けば食べかすは取れますが、除菌のための歯磨きは、ある程度長くブラッシングしなければなりません。これが、毎日歯磨きしているにもかかわらず虫歯や歯周病になったり、治療しても5年~10 年で再発してしまう根本の原因です。


―予防には正しい歯磨きをはじめとしたセルフケアが大事なのですね。

患者さんには、治療の合間などにブラッシング法などご自分でのお手入れ方法を指導させていただいています。一度しっかりとしたセルフケアのやり方を身に付ければ、もう歯科医院に通わずに済むといってもかごんではありません。セルフケアは歯ブラシとお水でできるとても簡単な方法。治療が終わる頃には、もう歯医者さんにもう何十年も来なくていい状態にすることを目標にしています。実は、僕も子供の頃は歯医者さんによくわからず通って、数年したらまた虫歯になって、という「くりかえし治療」をずっと受けていました。どうして虫歯になるのか、それに対する予防法など、説明をちゃんと受けてこなかったからです。歯科医師になって学んでいくうち予防方法がわかり、それを実践してからというもの、子どもの頃はあんなに頻繁に歯医者通いをしていた僕が、もう20年虫歯にかかっていないんです。どの時点でも遅いということはありません。正しいセルフケアを始めさえすれば、病気の進行はなんとか食い止められるんです。

「病気を治す」医師としての喜びを教えてくれた歯周治療

―治療のための環境づくりとして、どのようなことに配慮していますか?

歯医者さんというと、痛い、怖い、治療も何をされているのかよくわからない、昔、僕にとって歯科医院とは、そんなマイナスイメージばかりの場所でした(笑)。ですから、そうではない医院にしたいと。まず痛くない治療。そして医院の雰囲気も温かく、やさしいイメージにしようと思いました。僕自身も難しい言葉を使わないよう注意して、患者さん一人ひとりが、自分の家族や一番大切な人だと思って接しています。設備の面では、治療中に何をされているかわからないと恐怖心が芽生えますので、すべてのユニットにCCD小型カメラを設置し、治療前、治療中、治療後の患部を撮影して、わかりやすく説明するようにしています。普段はよくわからない自分の口を映像でちゃんと見ていただいて、そこでなにが起こっているのか、どうなっているのかを知ったうえで治療を受けていただいています。また、歯科医院独特のニオイを取り除く為、業務用の空気清浄機を天井に設置しました。治療中の空気も快適にしたかったのです。


―歯科医師のやりがいはどのようなときに感じますか?

削ったり、詰めたり、抜いたりという、いわゆる悪い原因を取り除く治療と違い、歯周治療は病気を治しているという実感が持てるのです。きっかけは大学の研修医時代にいらした60歳くらいの患者さんだったのですが、治療によって成果がでてくると歯茎の腫れがひいたり、状態や良くなったり、病気が治ってくる。それが分かった時、初めて歯科医師という仕事にやりがいを感じました。その方も最初はお口の中がひどい状態だったんです。しかし治療のなかで虫歯や歯周病のメカニズムのお話しさせていただいてからは、ぴかぴかになるまで磨いてくれるようになったんですよ。今でも一番の喜びは、次の診療でぴかぴかに磨いて来てくれる患者さんを見ることなんですよ。


―開業されて一年がたちましたが、この地域の印象をお聞かせください。

開業するにあたってこの地を選んだのは、もともと地元であり、馴染みのあるこの街で歯科医師として貢献したいという気持ちがあったからです。ただ、ご存知の通り世田谷というこの地域は歯科医院が非常に多く、自分のような新参者がやっていけるのか不安があったのも事実。しかし背中を押してくれたのは以前この街で勤務医をしていたときに感じたことでした。それは高価な補綴物を入れていてもセルフケアが充分でなく、正しい予防についてご存じない方がまだまだ多いということ。僕が本当にしたい歯周治療、予防治療の分野でなら、貢献できるかもしれないと思ったんですね。それと地域性も重要でした。この地域に住む方はご自分の健康管理への意識が高く、こちらの話をきちんと理解して実践してくださる方が多いように感じます。積極的に質問される患者さんも多いですよ。これからも自分の歯周病に対する知識や治療技術が、患者さんに還元していきたいと思っています。